2006年04月27日

GMOインターネット証券への不安と期待

NECとNECネクサソリューションズは4月24日、GMOインターネット証券に、オープンソースソフトウェア(OSS) を利用した基盤システムを導入したと発表した。オンライン証券取引サービスを支えるサーバ約60台のOSすべてを、 レッドハットのLinux製品「Red Hat Enterprise Linux」で構成するなどし、 費用対効果と拡張性を高めたという。
 OSにLinuxを採用するほか、アプリケーションサーバには「JBoss」、ウェブサーバには「Apache」を搭載。 またデータベースソフトは「MySQL」、ウェブアプリケーションは「PHP」、メールサーバは「Postfix」、 ネットワーク監視サーバには「Nagios」というように、随所にOSSを積極的に採用。「4カ月という短期間でシステムを構築した」 (NEC)という。

4ヶ月の突貫工事で構築されたという証券取引の基盤システムに若干不安を覚えるんですがw
動作チェックとか十分やる時間あったのかな?
GoogleのGmail等ははっきりと「これはベータ版です,問題あっても責任取らんからね」と宣言してサービス提供し, ユーザーを使って実運用でのシステムチェック&改良を行っています。
ネット証券のGoogleを標榜するGMOインターネット証券ですが, ユーザーのお金を動かしてベータテストまがいのことをやられたらたまらんなぁ[´凵M]
ライブドア証券も結構トラブってたし,楽天証券もたまに酷いトラブルやらかすよなぁ┐(´ー`)┌
・・・サービスインからしばらく様子見のほうが賢明かな?

取引システムのAPIを公開するってことだから,どこかのエロい人がそれ使って自動売買ソフトとか作ったりしてくれるかなぁ。
市場の全銘柄の値動きをチェックして,上げ下げの情報や値動きの予兆を察知したら売買してくれちゃうとか。
みんな同じソフト使って売買させたら,ある予兆をきっかけに一斉に売りに転じてブラックマンデー再来かw
うーん,そんなシステムトレードさせるとGMOショックとか起きそうだwww

posted by BUZZ(バズ) at 12:10| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | TRADE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GMOインターネット証券のプレスリリースの
時に、マーケット情報は他社のを使えって
かなり強調してました。
熊谷さん目があぶなかったっす。
Posted by oasis at 2006年04月28日 00:44
売買のみに特化して特価でって感じですかw
Posted by バズタン at 2006年04月28日 09:41
そうです。特価です。ついでに株価も大特価。
Posted by oasis at 2006年04月28日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。