2006年02月22日

タワー投資顧問キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

  • タワー投資顧問、オリジン株12% 取得 争奪戦のカギ握る

    タワー投資顧問(東京)が21日に関東財務局に提出した大量保有報告書によると、オリジン東秀 (東証2部) 株の保有割合を、15日時点で12.65%に高めたことがわかった。同社は、04年分の高額納税者公示の際、 「給与100億円のサラリーマン」が勤める会社として話題になった。
     オリジン株を巡っては、ドン・キホーテが33.4%以上の取得を目指す敵対的な株式公開買い付け(TOB)に失敗したが、 その後市場で株式を買い集めて15日時点で46.21%保有。過半数を目指して市場で買い増すことを表明している。
     一方、オリジンから支援要請を受けたスーパー最大手イオンは、友好的買収者「ホワイトナイト(白馬の騎士)」 として過半数取得を目指し、3月1日を期限にTOBを実施中だ。
     ドンキが対決姿勢を崩さなければ、イオンのTOB成立には、タワーの応募が不可欠となる。報告書では、株式の保有目的は 「純投資」 と記載されているが、タワーは取材に対しては「株式の取引については一切コメントしない」としている。
     イオンも「TOB期限までは応募を待つしかない」とし、タワーに応募要請をする予定はないという。
     報告書によると、タワーは最近、大量のオリジン株の売買をしていた。

清原銘柄だったのか?
忘れた頃にタワーw

 

posted by BUZZ(バズ) at 02:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TRADE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック